美容 体とのつき合い方

美容皮膚科で黒クマ治療をした話

2021年5月30日

体験談に書かれている内容は、個人的な体験です。個々の状況により治療法などが異なります。 あくまでも参考としてお読みください。

目の下のぷよぷよと黒クマに悩んで、美容皮膚科で治療を受けた体験談をお話します。

ここ1年でぷよぷよ悪化

元々クマがあり、コンシーラーを使っていた。
しかし、ここ1年で明らかに悪化、というか、目の下のぷよぷよがでかくなった。
YouTubeで黒クマにはオレンジのコンシーラーがよい、と聞いたので、
2本使ってみたが、まったく効果がなかった。
コロナ禍でマスクをして目立たないとはいえ、段々酷くなるクマに、
鏡を見るたびにため息をついていた。

見よ、このひどさ↓
(ぎゃーっっ!!見苦しい写真でスミマセン💦)

クマ施術前です。

クマ施術前です

でもこれ、マシに見える方だ。
日差しが入る明るめなところで撮ったので、影が一番ない。
洗面所や、自然光の下だとコンシーラーを塗っていても、
黒クマが目立ってしまい、写真アプリのクマ修繕をMAXにしてもひどい状態だった。

これは何となせねば、と治療法を調べることにした。

ぼったくり美容皮膚科には騙されるな!

黒クマや目の下のぷよぷよで検索をした結果、

ぷよぷよは、マッサージやメイクでは解決できない

ことを知る。

目の下のぷよぷよは、目の周りの脂肪が加齢により眼球が下がって押し出されて前にでたもので、
手術で取らない限りは減らないそうだ。

えーっ、そうなの〜😭

しかも、美容整形になるので自費手術である。
値段を調べると、脱脂法に力をいれており、それなりに評判が良いとろは20〜40万とバカ高い。

全国展開している美容整形外科で割安でやっているところがあるが、
全く信用していない。
今ハヤリの韓国での施術も同様である。

実は、3年前に、某全国展開している美容整形外科の「シミ取りレーザートーニング4,700円」
という広告に釣られ、初めて美容整形外科の門をくぐった。
しかし、ぼったくり・カウンセラーに高い施術をまくし立てられるように勧誘され、
うんざりした経験がある。
しかも、

「このメニューのものでは、シミは消えません」

と、言われ、すっかりその病院への信頼がなくなった。

そのあと、評判の良い韓国の狎鴎亭にある病院での施術も行ったが、全く同じだった

以来、その病院には行かないと決め、ランキングサイトとか広告には騙されてにように、
念には念を入れて調べるようにしている。

脱脂法かヒアルロン酸注射か!?

目の下のぷよぷよには、まぶたの裏からレーザーでメスを入れて、
脂肪を取り出す方法がポピュラーなようである。

でも、手術って聞くだけで、イヤになるなー。

しかも、脱脂法でググると、「失敗」というワードも出てきて、

「脂肪を取られすぎて、目の下にシワが目立った」

とか

「目の下がボコボコになって失敗した」

と、後悔している人も多いことを知る。

また、他の病院のサイトを見ると、

「他病院での修正手術」

という、メニューが意外にあることに驚いた。

「そんなお金出して失敗したくねー。後悔したくねー」

と思ったので、何か代替法はないのかと調べていたら、
ヒアルロン酸の注射を目の下の窪に打って、ぷよぷよを目立たなくする方法もあるらしい。

これだと、手術のようなデメリットもなく、失敗したら最悪ヒアルロン酸の溶解注射を打てば消えるので、
問題はない。あと費用も4万円代からと安い。
デメリットは、半年〜1年くらいで体内に吸収されてしまうということ。

「でも、まぁ、1年様子みて、手術するか考えよう」

と思い、まずはヒアルロン酸注射をやってみることにする。




初めての黒クマ施術

ぼったくりカウンセラーがいないカウンセリング

施術を受けるのは、地元の美容皮膚科/形成外科医院である。
人気なのか、焦らされたのか、電話した時は初診がいっぱいで、1ヶ月先に予約が取れた。

過去の苦い経験があるので、
かなり疑い深い目で病院へ入っていった。
もちろん、一つでも嫌なことがあれば、即退場だ。

キレイな院内に、これまたキレイな受付の人が並んでいた。
当たり前だが、皆さん、お肌がおキレイ。
初診のお決まり、問診票を書いた。

どのような目的で来られましたか?の質問には

「黒クマをヒアルロン酸の注射で目立たなくしたい」

と、具体的に書いた。

「お呼びする時は、この番号でお呼びします。お待ちの間、メニュー表をご覧ください」

と、番号が書いてある札と、メニュー表冊子を渡された。
なるほど。プライバシーを守ってくれてるのね。
そういえば、某ぼったくり美容整形外科も番号で呼ばれたことを思い出した。

ヒアルロン酸注射以外は興味ないので、メニューを適当にペラペラ読んでいると、
番号が呼ばれ、洗顔所に案内された。
アメニティや洗顔フォームはばっちり。

洗顔が終わって、違う待合室で待ってると、また番号を呼ばれた。

「今度は、お写真とりますね」

機械に顔を突っ込んで顔の正面と、左右の顔の写真を撮った。
某ぼったくり美容整形外科は、デジカメで撮ったので、お金掛けてるなぁ。
ちょっと好感度が上がった。
今のところ、受付の方やスタッフは皆丁寧で親切だ。

終わって、またしばらく経つと、今度は診察室から番号が呼ばれた。
先生の診察である。

先生は、予約した時にお名前を教えていただいたので、顔や経歴は知っている。
まだ病院にきて数年の、若い女性の先生だ。
予約を取る時に、先生の指名ができるのだが、私は正直こだわりがなかった。
院長と言われているから、施術がうまい、とは限らないのである。
(※個人の見解です)
何より相性が一番。合わなかったら変えれば良い。

ヒアルロン酸注射について先生に聞く

先生は、問診と撮った写真を見ながら、

「なるほど、黒クマですね。では見せてください」

と言って、アクア板越しに私のクマ2匹を見た。

「ああ、黒クマですね。ここ影ができちゃってますね」

と言った後、黒クマができるしくみを教えてくれた。
ネットで調べた通りだった。

「ヒアルロン酸はいいと思いますよ」

サバサバした感じの、先生である。

「完全に消す、というよりは、目立たなくなったかな、という程度ですが、
効き目はありますね」

言い方が、なんか、好感持てる。

「そうですか。副作用は何でしょうか」

散々調べたが、改めて聞いてみた。

  • ヒアルロン酸で稀にアレルギーを起こす人もいる→薬があるので処置すれば大丈夫
  • 効果が半年〜1年程度なこと
  • 内出血があるかもしれない→しばらく経つと消える
  • 血管なんちゃらで、ヒアルロン酸が目の血管に入ると失明する可能性がある→ただし目の下は可能性が低い
  • 人によっては、少量でも腫れる→溶解注射で消せるから大丈夫

と、丁寧に説明してくれた。
ごまかさなく、ハキハキと言ってくれるので、ありがたい。

でも失明かぁ、と思っていると、

「他に、頬のたるみを機械であげて目立たなくする方法もありますね。
でも、何回も通わないといけないし、お金もかかるから、
ヒアルロン酸の方が、手っ取り早いっちゃ、手っ取り早いですね」

なるほど。

「何でもよいので聞いてください」

と、おっしゃるし、話しやすい先生だと思ったので、

「目の裏を切る手術ありますよね?あれはどうなんですか?」

と、聞いてみた。
ちなみに、この病院ではやっていない。

「あ、いいと思いますよ。半永久だから一回で済みますしね」

ふーん。そうなんだ。

「でも、失敗したという話が結構あるんですけど...」

「失敗のリスクのない施術はありませんよ。うちではやっていませんけどね。
施術をたくさんしている病院を選んだ方が良いですよ」

なるほどねえ。

「今日はどうしますか?」

と、聞かれたので、先生も信頼できるし、ヒアルロン酸注射を受けてみることにする。

「では、今回はほんのちょっとだけ入れます。ヒアルロン酸は直後よりも2、3週間経つ方が
膨らむので、それで満足ならこなくても良いし、もうちょっと足したいなら、
ヒアルロン酸を2ヶ月保存しておくので、都合の良い時にくれば良いですよ。
施術料だけで済みますしね」

そっかー。では、そうしよう。
何だか、ワクワクしてきた。

「他に何か質問はありませんか」

と、聞いてきたので、右頬にあるシミを聞いてみることにした。
某ぼったくり美容整形外科と某ぼったくり韓国美容整形外科で、
高い施術をしても一回では消せないと言われた箇所である。
もうコンシーラーで誤魔化すしかない、と諦めていた。

「このシミ消せますか?」

消せないと諦めた、シミの数々

先生は、アクリル板越しにジッと見ると、

「あ、一回で消せますね。大丈夫ですよ」

と、あっさり言った。

「えっ!?他のところでは、一回では無理と言われたんです」

(このやろう、嘘付きやがったな)

さすが、ぼったくり美容整形外科である。

「まぁ、やり方だと思うんですけれども、このシミの場合はQスイッチレーザーでやれば、
一回で消せますよ。上のものは、肝斑にかかっているので、まずは肝斑の治療をしながらで、
一回では無理ですけど」

マジかー!!

「すみません、Qスイッチレーザーっていくらですか?どこに載ってますか?」

慌ててメニュー冊子をペラペラめくると、
先生は、アクリル板から腕を出し、「ここ」と教えてくれて、

「まぁ、この下のシミの場合は4ショットくらいだから、1万円弱でしょう

マジかー!!

「安いですね。では、やるかどうか考えてみます」
今すぐでもやりたい気持ちにはなったが、とりあえず家に一旦持ち帰ることとする。

「はい、もしやるならば、都合の良い時に予約とってくださいね」

と言われ、診察室を出た。




ヒアルロン酸を初めて入れる

診察室を出ると、処置室の前で待つように言われる。

ヒアルロン酸注射のことより、長年悩んでいたシミが消える、ということに興奮していた。

「クマが落ち着いたら、シミもとってもらおう」

高額な施術の勧誘も(今のところは)ないし、質問にもちゃんと答えてくれるしで、
先生への信頼はばっちり高くなっていた。

しばらくすると、番号が呼ばれ、処置室に入った。
バーテーションで区切られた個室に、ベッドがあった。
エステ脱毛施術室と同じである。
ベットに仰向けになると、ベットがウイーンと動き、
上半身が起こされた。

「今、先生は診察に入ってしまったので、これで目元を冷やしてお待ちください。
もし、何かあったら、ここにブザーがありますので、呼んでくださいね」

と、アイスノンを渡され、ブザーを腿上に置かれた。

まだかなぁーと思っていると、10分ほど経って先生が登場。
どうやら、上半身を起こしたまま、やるようである。
よく考えれば、当然か。
当然、目は閉じたままである。

「では、チクっとします」

と言って、先生が麻酔の注射を頬骨のあたりに打った。
助手の方が、何やら機械を持っていて、顔の皮膚をブルブルさせている。
まぁ、痛いと言われれば痛いが、我慢できる程度である。

「では、次に押される感覚になります」

ヒアルロン酸の注射のようだ。

ほんの少しの量なので、ピッピと注射して終わりかと思ったら、
何やらグリグリ押されている。

「ん!?意外と長いな」

そう思ってると、

「ぬおーーーーっ」

目頭をキーンとなる痛さが襲った。

「ひえーーーっ、麻酔してるのにぃ」

必死に我慢した。

右目も終わり、左目も、

「ぬぉーーーーっ」

という、痛さがあった。

(キレイになるには、我慢が必要なのね😓)

時間はとても長く感じられ、10分以上やっていたような気がするが、
実際のところはわからない。

終わると、手鏡を持たされ、施術の確認をした。
気持ち腫れがないような。。。

「麻酔の跡はすぐ消えるので、安心してください。今回は、ちょっとの量を入れました。また来てくださいね」

と言うと、最後に注意書きのメモを渡された。

注意書き

その後、メイクルームに案内されて、自分の顔をマジマジと見たのだが、
やはり、目の下のぷよぷよは、少し引いていた。

(うぉ、すごいな、これは)

久々の満足感を得た。

受付に行くと、
ヒアルロン酸の保管期限(2ヶ月後)を教えてくれた。

「もし次も来られる場合は、お電話してください」

と言われた。強制はされなかった。

「この場で次回の予約を取ります」

と言って、1ヶ月後を押さえてもらった。
次回は施術代だけなので、5千円だという。
ありがたい。

結局、受付でも高額な施術を勧められたり、
物品の勧誘はなかった。こういうところもあるんだ、思った。

お会計

初診料:2,000円 + 施術代:44,000円 = 46,000円(税別)

家に帰って写真を撮る

家に帰ってから、記録に残そうと写真を撮った。
ぷよぷよはある。まぁ気持ち引いたって程度だろうか。

施術後

施術後です。日焼け止めを塗っているので、肌が少し白っぽいです。

これからヒアルロン酸が膨らんでいくそうなので、楽しみである。

施術翌日

朝起きて、さっそく鏡をチェック&自撮り。
おおっ、よくなってる!

施術翌朝です。同じ場所、同じカメラで撮影。

目の下に違和感や麻酔注射の痛みがあったが、
仕事をしていうちに、気にならなくなった。
内出血もなし。

施術4日目

朝起きて、さっそく鏡をチェック&自撮り。
むむっ、更によくなってないか?

4日後

施術4日後。だいぶ良くなりましたね。もちろん、写真は無加工です。

右頬の下に、まだ麻酔の注射の跡があるが、すぐに消えるだろう。
ほんの少量でこれだから、やはりやってよかった。
これ以上よくならなければ、もう一回ヒアルロン酸を打ってもらおう。

結論

やって良かった!!

今後も、引き続きレポートしていきます。

おすすめ記事

1

39歳 倦怠感、抑うつ感と頭痛が強いため、漢方科のある医院を受診。 血液検査:女性ホルモンは正常値内だが、年齢の割には低いとのこと。甲状腺など異常なし。 以降、体調に合わせて当帰芍薬散、厚朴湯、呉茱萸 ...

-美容, 体とのつき合い方
-, ,