50歳からの転職活動

正社員での転職が決まりました! - Linkedinはすごい!!

2021年9月15日

華々しい職歴なし、長年派遣事務社員だった50歳が、正社員での採用をいただいたお話です。

たくさんのお祈り・サイレントお祈りを乗り越えた

先日ある会社から、正社員としての採用通知をいただいた👏👏
英語を使う営業事務のお仕事で、年収も大幅にUp👍
この歳で採っていただいた上にこの待遇、本当に本当にありがたい。
決まった時は、嬉しいよりも身が引きしまる思いだった。

大体6月ごろから就職活動を始めたが、

50歳からの仕事探し

お久しぶりです。 最近、転職活動を本格的に始めていて、忙しい日々です。 Contents1 これもホルモン補充療法(HRT)のおかげ2 社員の皆さんの安全が一番です。3 あることは、ある4 やるだけ、 ...

続きを見る

採用が決まるまで、何件応募をお祈り・無視(サイレントお祈り、というらしい)されたか分からない。
恐らく、100件は軽く超えている。120いくかな?くらい。
転職エージェントにもいくつか登録したが、リクルートエージェントと外資系のロバートウォルターズの派遣案件以外は全く無視された。
でも、自分のスペックを見れば、無理もない。

  • 50歳
  • 女性
  • 高卒
  • 過去17年派遣事務社員(複数社経験)
  • もちろん、管理職経験なし

そんな時、ビジネスSNSのLinkedin(リンクトイン)を知る。

Linkedinのプロフィールは、「公開履歴書・職務経歴書」のようになっており、
企業の人事や人材紹介会社のリクルーターが検索をかけて、
条件に合えば、面談のお声がけやヘッドハンティングをしてくれる。
また、求人のページがあり、自分の条件で検索して応募出来たり、有料「プレミアム料」を払うと、
自分のスキルと経験が上位を占める求人を表示してくれたりする。
ネットによると、全世界で7億人のユーザーがいるにも関わらず、日本ではまだ200万人で「流行っていない」らしい。
これを読んで、

チャーーーーーーーンス!!

と、思った。

転職サイトから応募すると、たくさんの応募者の中での自分の位置は、間違いなく下の方である。
でも、利用者が少ないLinkedinでは多少上がるかもしれない。。。
と、少しの可能性を信じて、登録してみた。
そして、大正解だった。

「Linkedin = ハイスペック求人」ではない

私の場合は、登録開始から2か月半の間に、
9社の人事・リクルーターの方からお声掛けをいただき、
うち5人と面談、最後の1人のリクルーターから、採用が決まった会社を紹介された。
このリクルーターは仕事が実に早く、
メールを貰ってからとんとん拍子に話が進み、面接一回の後2日で就職が決まった。

Linkedinをネットで調べると、
「ハイスペックな求人ばかり」
とか
「英語ができる人向け」
と、書いてあるが、私の経験から言うと、そうでもない。

ある日本人の人事の方からメールが来た時、
「うちは外資ですが、チームは日本人だけなので、英語はできなくてもよいです」
というポジションも、探しているとのことだった。

私のようなぺーぺーな経歴でも、これだけお声掛けをいただき、
かつ仕事も決まったので、やっぱり

Linkedinってすごい!

と、思った。

この幸運を無駄にしないために

周りの人に転職が決まったことを伝えると、皆喜んでくれた。
母は、地元でニートの姉と公団住まいしているが、
私のことも何かと気にしているようだったので、安心させることができて、良かった。

とは言え、会社というものは、実際に入ってみないと分からない。
社員になると、それなりに責任も重くなってストレスが増えるだろう。
益々自己管理が重要になってくる。

そもそも、転職が実現できたのは、ホルモン補充療法(HRT)で体力が回復したからこそ。
これからも、きちんと心身ともにメンテナンスを行い、できるだけ長く働けるようにしたい。

ポチッとしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ
にほんブログ村

おすすめ記事

1

39歳 倦怠感、抑うつ感と頭痛が強いため、漢方科のある医院を受診。 血液検査:女性ホルモンは正常値内だが、年齢の割には低いとのこと。甲状腺など異常なし。 以降、体調に合わせて当帰芍薬散、厚朴湯、呉茱萸 ...

-50歳からの転職活動
-, ,