更年期障害と診断されるまで

更年期症状への誤解

2021年4月24日

「更年期症状=ホットフラッシュ+ヒステリー」という思い込み

体験談に書かれている内容は、個人的な体験です。個々の状況により治療法などが異なります。 あくまでも参考としてお読みください。

色々調べてみて、私は女性の体のことを何も知らないことに気づきました。

更年期障害が頭からスッポリ抜けていた

今思えば恥ずかしいが、自分が更年期障害かも?という発想が、始めはまるっきりなかった。
「倦怠感」で必死にネットで検索していて、
「血液か内臓の病気、慢性疲労症候群かも」
と思ったが、挙げられている他の症状がどうも当てはまらなかった。

ひょっとして、ネットにも載らない難病?

色々な病名で検索をかけ、自分の症状が当てはまるか、ひたすらチェックした。
恐らく1ヶ月は掛けていたように思う。

ついに更年期障害にたどり着く

それから、自力での検索に力尽き、しばらく何もしなくなった。
4月に入って、手足が冷えるので、心療内科で漢方を処方してもらった。
加味逍遥散
漢方医院に通っていたときに出してもらったことがある。
でも、「まぁ、何も摂らないよりはいいかな」程度の効き目だった。
「冷えがちょっとでも良くなれば」
軽い気持ちで飲んだ。

飲んで約3週間経ち、ある変化に気がついた。
「あれ?倦怠感少し良くなってる??」
ほんの僅かだが、仕事中の倦怠感が和らいだような気がした。

「加味逍遥散 倦怠感...」
ネットで検索してみた。すると、

...更年期障害などに用いる漢方薬です。

お薬110番より引用

「えっ!?更年期障害?」

実はたくさんの症状がある更年期障害

さっそく「更年期障害」「更年期 症状」で検索を掛けた。
ありがたいことに、たくさんの医療機関や製薬会社などが、
更年期についての情報を発信している。
それを片っぱしから読んだ。

よく読んだサイトの一つ:久光製薬さんの「エンジョイエイジング」
とても分かりやすい。ホルモン補充療法(HRT)についてもこちらで知った。

まず、更年期症状がたくさんあることに、驚いた。
日本女性医学学会に詳しい。

よくある女性の病気【更年期女性に認められる症状】

「更年期障害=ホットフラッシュ+ヒステリー」だとばかり思っていた。
目から鱗である。
私は汗関係の問題は全くなかった。
「私は更年期障害かも?」となかなか思いつかなかったのは、
この固定概念があったせいである。

体が疲れやすいのは、更年期の最も一般的な症状らしい。
「やっと辛さの原因が分かったかも」
希望の光が見えた。

とりあえず、更年期外来で診てもらおう

おすすめ記事

1

39歳 倦怠感、抑うつ感と頭痛が強いため、漢方科のある医院を受診。 血液検査:女性ホルモンは正常値内だが、年齢の割には低いとのこと。甲状腺など異常なし。 以降、体調に合わせて当帰芍薬散、厚朴湯、呉茱萸 ...

-更年期障害と診断されるまで
-